手術室で働く看護師

看護師がスキルアップを考えるならば何をすれば良いのでしょうか。1つの選択肢として、勉強を頑張って資格を取るという方法が挙げられます。スキルアップに繋がる資格は複数ありますので、取っておいた方が良いと言えるでしょう。しかしそれ以外にもスキルアップの方法はあります。それは手術室で働くことです。
手術室での経験は自分のキャリアアップに大きな影響を与えますし、勉強出来る事は沢山あります。例えば1回の手術でも様々な機器や器具を用意しなければならないですし、さらに同じ病気の患者さんでも、症状や手術内容によっても準備する機器や器具はかわってきます。そのため、毎日が勉強です。勉強をしない看護師では手術室で働くことは出来ないのではないでしょうか。
そんな難しいオペ室看護師ですが、オペ室看護師として働いた場合、手当がある事が多いのです。例えば当直の時に、急にオペが入る事もあるでしょう。その場合も手当が出ます。手術の時間が長くなったならば残業手当もあるでしょう。そのため手術が多い病院だと、一般的な病院での看護師よりも高い給与になる事も珍しくありません。
オペ室看護師は残業はあれども、勤務時間に対しても安定しているのが魅力になっています。何故ならば手術の日程が基本的に事前に決定している事が多いからです。さらに一日に何度も手術をする所は稀ではないでしょうか。
手術室で働くのは大変ですが、その分メリットも多く、スキルアップも望めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です